健康経営事業

健康経営とは

従業員の健康づくりは、企業の繁栄を支える重要なカギ

健康経営という考え方があるのをご存じでしょうか?
健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考えて戦略的に実践するものです。
経営資源である従業員の健康に配慮することは、従業員の活力を高め、生産性アップを実現。欠勤率や疾病率が低下することで、組織全体の作業効率化を高め、業績向上も期待できます。
本来、健康というものは個々で守るべきものですが、働き盛りの世代はいつも時間に追われ、自分の健康に気を配るゆとりがありません。従って従業員の健康づくりを推進するには企業が主体となって行動していくことが必要です。
立川商工会議所では、タニタ、メガロスといった健康アドバイザーの協力を得て、各企業が気軽に取り組みを行えるよう、持続しやすいプランをご提案。食事、運動、休養の健康3要素を「はかる」ことで実感できるタニタの健康プログラムや、運動面から支える「アクティブ100メガロス」などのプログラムも充実しています。従業員の方々が気軽に受けられる健康イベントも多数ご用意しています。

※ 「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

健康企業宣言とは

 健康優良企業を目指して、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。 詳しくは、加入されている保険協会または組合のHPでご確認ください。

Top