簿記検定試験

<選べる2つのお申し込み方法>


※お申し込みの前に以下の試験内容注意事項を必ずお読みください。


試験内容

試験科目 試験時間 試験開始時刻 レベル
1級 商業簿記
会計学
90分間 午前9時 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
工業簿記
原価計算
90分間
2級 商業簿記
工業簿記

120分間 午後1時30分 高度な商業簿記・工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。
3級 商業簿記 120分間 午前9時 基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。

各級とも合格基準は70点以上(ただし1級は1科目ごとの得点が40点以上)です。
詳細は、日本商工会議所ホームページでご確認ください。

※試験会場は指定できません。受験票等の記載をご確認ください。

注意事項

  1. 試験開始時刻・試験会場を間違えないように注意してください。
    間違えてしまうと受験できなくなる場合があるので必ず事前にご確認下さい。
  2. 受験するときに持参するもの
    ① 受験票(合格証書授与まで、大切に保管して下さい。)
    ② 顔写真つきの身分証明書(公的機関発行のもの)
    ③ 筆記用具
    ④ 計算用具(計算機能のみの電卓・そろばんに限る)
    ※②をお持ちでない方は必ず試験日までに取得して下さい。
     ③④の試験会場での貸し出しはありません。
  3. 試験会場においては、試験委員の指示に従って下さい。
    従わない者には、退場させることがあります。
  4. 試験中に不正行為があった者は、合格を取り消し、以後の受験を禁止することがあります。
  5. 試験会場での通信機器の使用を禁止します。必ず電源を切り、身につけないでください。
    指示に従わないで、試験時間中に着信音が鳴るなどした場合は、退場させることがあります。
  6. 問題に指示がある場合を除き、赤字で解答を書く必要はありません。
  7. 受験にあたり、特別な対応が必要な方は必ず事前にご連絡ください。
  8. 書店申し込みとインターネット申し込みとでは、申込み受付期間や合格発表の方法が異なります。
    必ず各申し込みの注意事項をご確認下さい。